NGO×企業等 四国フェアトレード商品開発研修

掲載日:2018.01.26

企業等とNGOの連携による四国独自のフェアトレード商品開発
全8回の研修を実施することに。

2018年2月3日(土)、4日(日)に第1回、第2回研修を行います。

4ft1

この研修に参加するメリットは、
まず、フェアトレードそのものへの理解が深まるということ
そして、フェアトレード商品開発の手法や仕組みを具体的に理解することができます。
研修への参加を通して自治体や企業等とNGOが出会い、
フェアトレード商品開発へ向けた多様な主体による「協働」へと展開しましょう!
四国に新たなフェアトレードネットワークが構築されることで、NGOの組織強化につながり、
同時にフェアトレードタウンを意識した地域の担い手育成につながる研修。
ぜひ、ご参加ください!

・受講対象者:四国NGOネットワーク(SNN)所属NGO・ユース組織のメンバー
       新規国際協力NGO
       国際協力活動や持続可能な社会づくりに関心を持つ高校生・大学生
       四国の企業・組合等、自治体職員等
       フェアトレードタウンづくりに興味関心のある方

・定   員:20名程度
       ※商品開発チームづくりに取り組める方、研修に3回以上参加可能な方を優先します。
       定員になり次第、締め切らせて頂きますので、予めご了承ください。

・参 加 費:無 料

・交通費補助:SNN加盟団体職員・関係者は団体ごとに2名まで交通費補助があります。
       ※参加申し込み時に事務局で確認し、補助が確定した方に直接事務手続きを
       ご連絡します。

・問合せ、申し込み先
 主催団体:(特活)えひめグローバルネットワーク
 Tel:089-993-6271
 E-mail:wakuwaku@egn.or.jp

 共催団体:四国NGOネットワーク(担当:菅)
 Tel:090-1328-1866
 E-mail:shikoku.ngo@gmail.com

<第1回 四国フェアトレード商品開発研修>
■日時:2月3日(土)10:00~16:00(第1部:10:00~12:00、第2部:12:00~16:00)
■場所:今治地域地場産業振興センター 2階大会議室他
■講師:長尾天平(株式会社マザーハウス マーチャンダイジングマネジャー)

■第1部(10:00~12:00)  
『途上国』の可能性を『モノづくり』を通して生活者に届けるマザーハウス。
2006年の創業以降、バングラデシュ、ネパール、インドネシア、スリランカで
出会った素材や職人(技術)とともにフェアトレード商品を開発。
この研修では、具体的な「モノづくり」の全体の流れや仕組み・プロセスを学ぶ。

■第2部(12:00~16:00)  
参加者の意見交換を実施。
フェアトレード商品開発に関する意識調査・ヒアリングを行う。
また、今治市のフェアトレードタウン化に向けて活動を行っている
愛媛県立今治西高等学校の生徒による発表を通して、
高校生の取り組みについて参加者と情報共有を行う。

<第2回 四国フェアトレード商品開発研修>
■日時:2月4日(日)10:00~12:30
■場所:アイパル香川会議室
■講師:青木泰江(NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン コマーシャル・マネージャー)

「フェアトレード」という言葉を聞いたことがある、そしてそれが「途上国と公正な貿易をすること」といった周知は進んでいるが、その仕組みや、どのように自分たちの生活にフェアトレードが関連しているかについての理解はまだ浅い。日本を含み、世界の課題である「サステナブル」(持続可能)な社会の実現にフェアトレードが大きく寄与するとして、現在、世界的に企業や国際機関・行政などからフェアトレードへの注目が集まっている。この研修では、フェアトレードの始まり、その仕組み、社会へのインパクト、そして国際フェアトレード認証が、さまざまなステークホルダーと共にどのように発展してきたかを学び、これからの生活やビジネスの発展のヒントにしていく。

※本研修は、JICA NGO等活動支援事業NGO等提案型プログラムの一環で実施します。

独峒镇大学生志愿联合会とのコラボ

掲載日:2018.01.21

2018年1月末 新たな出会いが。
発端は中国の古くからの友人のSNS。
「三江県の貧困小学校に
 給食厨房設備とトイレを支援したいから手伝って!」との連絡。
手伝うのはOK。しかし、私も協会としても
何年も三江県政府には連絡をとっていない。。。
久しぶりに三江県政府に連絡すると
「三江県の全ての学校に厨房もトイレもある。
 現在、必要なのは肉を食べる事!」との返答で、
給食厨房&トイレ建設計画はあっさり消えてなくなりました。

 

しかし、三江県政府に連絡するのに合わせ、
三江県出身の支援大学生にも連絡し、情報収集していました。
そこで出会ったのが【独峒镇大学生志愿联合会】。
联合会=連合会のメンバーで独峒镇具盘村具河屯出身の侗族男性
梁君が連絡係りに。
現在彼はは四川省广汉市中国民用航空飞行学院で学ぶ大学四年生で
1月は春節休暇で丁度、村に帰郷中。
春節前には少数民族伝統舞踊の練習が毎日あり
練習に参加しながら、当会のために連合会の会議を開き
当会とのコラボを準備してくれました。

 

独峒镇大学生志愿联合会は、2015年1月10日
独峒镇にて镇出身の大学生によって自発的に作られた会。
アドボカシー「参加、共助、献身、進歩、フィードバック」ボランティア精神の元
地域に貢献し、ボランティアをバトンしていく会。
夏休みと冬休みの長期休暇にチームを組んだ大学生が
各村でボランティア活動を展開。
夏休み支援活動、家庭訪問、冬休み文化芸能会、記録など
全て大学生が活動を展開。


「自分たちは高等教育に進む事ができた。
 だから自分たちはここの貧困地区の問題に深く関わる事もでき、
 問題解決の手助けもできる」との気持ちから会を結成
最善の努力をすると共に、少しでも故郷に貢献しよう。
これらの初心を忘れずに活動している会。

夏休み指導は3年の経験があり
里盘小学、龙塘小学、高亚小学へは2年連続で指導に行った経験が。
学校の状況を良く理解し、先生方との交流(人間関係)も良好。

独峒镇具盘村具河屯【具河小学】は、厨房は大変小さく、トイレもありません。
(あれ?三江県政府は「どの学校にもトイレありますって言ってましたけど!!!」
   ↑ 私の心の中 )
厨房内の設備は連合会のメンバーが2017年の夏休み指導時に借りて使用していたので熟知。
2口の大鍋用(薪)コンロ、棚(中国では“消毒柜”と呼ばれる乾燥機能がついた棚)、
冷蔵庫一台、冷凍庫一台、各学校に配られている炊飯器一台があるそう。

加えてその他 村の小学校の様子など詳しく情報共有しました。
たとえば、龙塘小学は高弄村と塘水村からの学生が通う学校。
校長先生は高弄村と塘水村出身ではないが、独峒镇八协村の方。
地元の人と言えるなどなど。。。


結果、この独峒镇大学生志愿联合会と機会があれば
厨房支援&トイレ建設計画をコラボ
また、小額図書支援をこの会とコラボして実施することになりました。

 

【独峒镇大学生志愿联合会】活動紹介

dudong1

dudong3

dudong4

 

 

独峒镇 具盘村 具河屯 【具河小学】

dudong5 dudong6 dudong8 dudong9

dudong10

高亚小学

dudong11

dudong12 dudong13

 

里盘小学

dudong14 dudong15

dudong16 dudong17 dudong18

 

龙塘小学dudong19

dudong20dudong21

 

パートナー募集児童 3名

掲載日:2017.09.15

2017年9月初頭現在 下記3名児童が学費支援パートナーを募集中です。

年1,000元からパートナーとなっていただけます。

パートナー登録心よりお待ちしております。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

氏名 性別:W yehua(女性) 2002年1月17日生まれ

学校名  :塔畈乡彭河村四山组 高校1年生

家庭状況 :3人家族。母を病気で亡くし、父には軽度の障害があり、虚弱体質。妹は3年生。
      家族は全てを政府及び地域からの援助によって生計を立てている。
      家も近年、政府が安全を考慮し建設してくれた住宅に住んでいる。 
      成績は中程度だがきちんと受け答えのできる
      しっかりと手紙を書いてくれそうな学生。<家族構成:父、妹>

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

氏名 性別:N liangshun (男性) 11歳

学校名  :塔畈乡周祠村李花屋组 塔畈中心小学(小中一貫校小5)

家庭状況 :小さな時に両親と離れ、祖父母と一緒に暮らしている。
      父は慢性的な持病をかかえながら出稼ぎに。長期的な雇用ではなく、
      短期アルバイト雇用で少ない稼ぎを余儀なくされている。
      一年出稼ぎに出ていても稼ぎは低く、負担は祖父母の肩にかかっている。
      祖父母は山の中にいくらかの土地があるだけで、毎日朝から日が暮れるまで
      働いているが年収は数千元で、社会の物価上昇についていけず
      学費や孫の生活費負担が大変厳しい状況。
      家庭の経済状況は大変厳しいが、成績優秀で、聡明、芯の強い男子学生である。
      学校からの評価も高い。  <家族構成:祖母 祖父>

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

氏名 性別:J yaping(女性)

学校名  :塔畈乡体元村芮湾组 体元小学5年生

家庭状況 :3人家族。一家は地元の農家で祖母は体が弱く病気がち。
      母はあまりの貧しい家庭環境から父と離婚。
      父は重度の心臓病と内臓疾患の病気を患っており、大きな手術を受けたばかり。
      (*2016年に面会に行った時もMRIに入院中であった)
      この家族も現在、政府及び地域からの援助によって生計を立てており、
      家も政府が建設してくれた住居で暮らしている。
      家庭環境は大変厳しい状態にあるが、小さい頃から聞き分けが良く、聡明。
      責任感が強く、礼儀正しい学生。先生・クラスメートからの信頼も厚い。  
      <家族構成:父 祖母>

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ESD学びあい&SDGs四国フォーラム つながり

掲載日:2017.03.16

19日20日愛媛県今治市で開催される
ESD学びあいフォーラム&SDGs四国フォーラムに
たくさんの方が参加してくださり、
たくさんのつながりが生まれています!

四国のチーム力を自慢!

< 展示参加してくださる団体様 >

愛媛県立今治西高等学校 海外研究部
逗子フェアートレードタウンの会(FB)
halqa(はるか)
中国児童教育援助協会(CCEAS)
環境省四国環境パートナーシップオフィス-四国EPO
特定非営利活動法人えひめグローバルネットワーク

< 参加してくださる方の所属 >
〜 お申込み順 〜

鳴門教育大学
愛媛県立今治北高等学校
愛媛県立西条高等学校
愛媛県立上浮穴高等学校
愛媛県立宇和島東高等学校
愛媛県立松山東高等学校
愛媛大学附属高等学校
愛媛県立北条高等学校
愛媛県立伊予農業高等学校
愛媛県立松山西中等教育学校
愛媛大学農学部
徳島県立城ノ内高等学校
徳島県立城北高等学校
香川誠陵高等学校
わくわくユース
四国ユースサミット運営委員会
 〜 2017年3月17日現在 〜

< 取材してくださるメディア様 >
〜お声かけくださった順〜

今治CATV
マイタウン今治
ココロエ愛媛
あいテレビ
愛媛朝日テレビ 
愛媛新聞社
 〜 2017年3月18日現在 〜

< 開催にご協力いただいた団体様 >
〜ご協力いただいた順〜

四国NGOネットワーク
JICA四国
(公財)愛媛県国際交流協会
ICPC
一般財団法人 今治地域地場産業振興センター

はーばりー(今治市港湾建設課・港湾振興課)
はーばりーキッチン
今治市議会事務局 今治市市長
「国際交流を進める会」(西条)
西条市国際交流協会

< 学び&導入させていただいた各方面 >

FLO、WFTO、EFTA
people Tree
フェアートレードの本格カレー「カレーの壺」
Mother Earth(松山)

< 開催にご協力いただいた今治の各方面の皆さん >
〜ご協力いただいた順〜

今治銀座商店街
スイートメモリークッキング教室
天然温泉キスケのゆ
Shimanami1778
エコステーションはるかす
さいさいきて屋
海賊つうしん
(有)とも味
今治国際ホテル
ホテル菊水今治
〜 2017年3月19日現在 〜

つながりに感謝!ご縁に感謝!