潜山县塔畈爱心志愿者协会とのコラボ

掲載日:2018.02.15

2016年9月から潜山县塔畈爱心志愿者协会(中国民間草の根NGO)と協力し
支援活動を展開しています。 
この潜山县塔畈の名産が“毛毛月”という緑茶。
この高級緑茶を現地から輸入し、当会の支援広報目玉商品及び支援地域紹介商品に!
と考えております。
来月4月頭 この緑茶の新茶つみの時期に現地(茶畑)を訪問し
現地を取材してまいります。

それに合わせ、潜山县塔畈爱心志愿者协会とのコラボについて
再投稿&再紹介させていただきます!

*   *   *   *   *   *   *

潜山县塔畈爱心志愿者协会(中国民間草の根NGO)と協力し
支援協力していくことに!

2016年9月1日

img_1802
今回 支援パートナーとなった潜山县塔畈爱心志愿者协会は、
元村の先生で、現在も村で生活している協会代表:汪孟友会長(パワフルなおじいちゃん)
が自分の脚で子ども達の各家庭、各学校を回り支援を続けている民間草の根支援協会。 
塔畈乡に事務所を構え、民間NGO団体ですが地元政府と協力し、
中国政府から活動許可も取得している団体。
汪会長に賛同するボランティアメンバーが各地におり、
村での対応、近隣市(安慶市)での対応
それぞれのサポートがスピーディーにきちんと確立され、
また、ネット利用してPRする力や募金を集める力など“広報に強いメンバー”に支えられ、
足元を固めつつ、急成長過程中の団体です。
支援現場に会長。会長の近くや近隣にたくさんのサポーターがいて、
サポーターそれぞれが持つ人力によって情報公開やPRが大変明確“活動上手な団体”と言えます。

14457407_10154534361394166_2010464296465439559_n
今回、「安慶市郊外の村に個人で支援活動をしている人がいるけど、視察に行ってみない?」
とのお声がけを得て視察に行ってきました。
支援活動代表は「お一人でコツコツ活動されているのかな~」と想像していたのですが、
会長をサポートするメンバーが200名も!


視察当日は安慶市から自分の四輪駆動車を出し、
往復5時間ほどの山道を走ってくださった太っ腹な社長さん。
(私も同乗せていただきました。公共交通で視察に行っていたならば、
日帰りでの視察は不可能だったでしょう。) 
視察に同行し、取材してくださったインターネット関連会社の方。
この日はボランティアで参加=プロカメラマンさんなどなど
10名近い市内在住の同会ボランティアさんと一緒に現地入りし、
現地でもたくさんの地元ボランティアメンバーと交流させていただき、
中国ボランティアパワーに圧倒された一日でした。


 年100元の会費収入は事務所借り上げ費や事務運営費に。
学生への支援金は寄付やネットを使っての募金で集める。
活動にかかるボランティアさんの食事や宿泊は全て自費で、割り勘を採用など
“新しい中国の愛心(支援活動)”を感じるメンバー、やり方、パワー、スピードに
あっぱれ!だった視察の旅でした。
 
中国の新たなボランティア旋風の皆さんと協力しつつ、
今後、当会もこれまで通り中国農村児童支援活動を小さく・コツコツ継続していきたい
と考えておりますので 塔畈乡への新規児童支援、よろしくお願いいたします。