お知らせ

来年、卒業予定大学生からの連絡

掲載日:2018.08.08

8月8日 大学生活残り1年となった支援生から連絡がありました。

「少し前まで、公立幼稚園で武術を教えていたの!」
(彼女は体育大学で武術を専攻)

「9月1日から新学期スタートで、学校では“幼児武術館”クラスがあるので
8月20日には早めに学校に戻ってクラスを受ける!
 教師資格証は今年の上半期に獲得できたので、来年の6月の卒業を待って広西省の先生になる予定!」

支援児童がこんなに教員の道を選ぶとは!

思いがけない進路結果に、ニヤニヤしている中国児童教育援助協会代表でした。

 

 

29年度会計報告をアップ!

掲載日:2018.06.10

中国児童教育援助協会
29年度会計報告アップしました!

トップページ 事務局便り → 会計報告

六一 子どもの日

掲載日:2018.06.03

支援パートナーであります、中国 潜山县塔畈爱心志愿者协会 会長から連絡がありました。

「六一の子どもの日に合わせ、子どもたちを表彰したよ!」と。

61-1美徳少年!

褒めて育てる中国の教育。

子どもの日は休日ではなく、両親家族に自分の力を見てもらう日であったり
日頃の頑張りを褒めてもらう日なのです。

よって、支援もこの春夏季はこの日に合わせて行われます。

61-2 61-4賞状やカバンなどの学業用品を贈呈 
赤い帽子が潜山县塔畈爱心志愿者协会会長:汪氏

61-3子どもたちは皆ヒーローの証である
赤いスカーフ(中国少年先鋒隊)を身につけ、誇らしげですね。

 

当会ボランティアさんが支援地域を訪問

掲載日:2018.04.10

4月5日ー9日当会ボランティアさんが支援地域:潜山县彭河を訪問。


潜山县彭河は名産が“毛毛月”という緑茶。
この高級緑茶を現地から購入し、
当会の支援広報目玉商品及び支援地域紹介商品にしたいと準備しております。


この緑茶の新茶摘みの時期は3月末から4月頭。
新茶の時期に合わせに茶畑を訪問。
その時の様子が動画、写真で紹介されましたのでご紹介させていただきます。

cha2

何とこの【潜山县彭河乡幸福茶场】は、
元国家出席劉少奇婦人:王光美女史(全国幸福工程発起人)が
1996年貧困女性を助けるために訓練センター&収入拠点として作られた茶園。

当会とコラボしてくださっている志願者協会会長さんにも
「幸福茶園は女性を助けるため、中国児童教育援助協会は子どもを助けるため。
 目的は似ている(同じだね)」とメッセージいただきました。

ご縁があります。

 

高山里的幸福茶

爱心无国界,茶香引客来

香茗得来皆辛苦:人人采茶忙,处处闻茶香(動画)

*携帯では開けない場合があったり、PCでは開けない場合があるようです。
色々チャレンジして閲覧してみてください!

che

 

中文介绍 中国儿童教育援助协会 〜我也想上学!〜

掲載日:2018.04.01

mingming pic white

关于本会
2001年设立、总部在日本。主要工作是支援中国的贫困地区。协会代表是日本人。

  本会的优势!!   
  誠 実   因为协会代表是日本人,竭诚的为您提供援助。
直 接   村的小学,校长和负责人直接开展业务。
明 確   想做什么?正在做什么? 目标明确。
明 白   募集到的善款的用途一目了然。

  为什么是日本人呢?  
详情请参照下部分的注解。
本会是有众多中国人与日本人的伙伴以及志愿者支持的非营利性组织。

为什么支援三江县 潜山县塔畈?
因为在柳州市与三江县潜山县塔畈有值得信赖的人.

jieshao3

 

协会代表:菅未帆
因为94年-97年在广西省柳州市机关幼儿园,作为日本政府派遣的志愿者教师,
所以与柳州有了不解之缘。
98年-2001参加志愿者活动的组织工作,在日本政府机关的北京办事处工作。
那个时候到大陆各地的贫困地区考察,有了参加志愿者活动的机会。
通过希望工程看到很多希望学校在自己的眼前拔地而起,
但是仍然有一些因为不能交付学费而辍学在家的孩子
和那些因为受重男轻女观念影响而不能读书的女孩子,
他们虽然可以说出自己的名字但是不会写字,不会认字,这成为支援村民们最大的障碍。

回国后也继续支援活动,特别是想给贫困地区不能读书的孩子们提供读书的机会,
将这样的想法告诉了中国的朋友,得到了赞同。
2001年8月,回到日本开始了这个协会的运营。
最初想在贵州省开展志愿者活动,《中国儿童教育援助协会》也是与贵阳的朋友一起确定的。
但是,在贵阳没有遇到相信我支持我的人,在柳州遇到了彼此信赖又可以一起努力的朋友。
援助资金落实到孩子们身上,时常要向孩子们的监护人,老师宣传读书的重要性,
每半年把孩子们的信件寄往日本,这些都要归功于中国的合作伙伴。 
我从日本寄来援助柳州的款项只是杯水车薪,
这些资金送到孩子们的手上,需要多少时间与付出呢?
因为是志愿者,所以是没有报酬的,
每个人都是用自己工作之余的时间来帮助更多需要帮助的朋友。
当然,我也是一边工作一边从事支援活动,我自己还有一个女儿。
现在,在中国日本的中国人,日本人和在日华人都在为我们捐款。
还有20多名翻译志愿者在协助我们。
很多人认为「因为日本人富有,可以支援」其实协会的赞助者当中很少有富裕的人,
更多的人则是用节省下来的午餐费或是积攒的零用钱来帮助孩子们,
希望孩子们能够读书,会写字,懂算术,高高兴兴生活的人居多数。

现在大多数的援助资金来自于中国,将来也希望中国朋友,中国的企业伸出援助之手。

我们希望将来可以援助更多的孩子。
如果我们援助的孩子想就读高中,大学,我们将不仅局限于义务教育阶段的援助,
也将支援孩子们高中,大学的学业。  
我们的援助活动能够持续到每个孩子都能读到书为止!

<中国儿童教育援助协会 代表:菅未帆>

中国国内也有例如青少年发展基金会等众多知名的公益团体。
希望工程等组织也做出了令人注目的成绩。
为什么还需要以日本人为法人代表的公益组织的存在呢?
对于儿童的教育是没有国境的。
孩子需要接受教育,如果想帮助他们,就应该超越国境伸出援助之手。

  成为学费资助者    
1申请书可以通过邮件申请(也可从网站下载申请书)
   申请书填好后请邮寄到事务局(也可以用邮件发给我们)

2申请书到达事务局后,从日本邮寄出登记证。
   赞助金从500元起、100元单位递增的方式收取。
   (赞助金 请汇到中国银行中国儿童教育援助协会帐户(在柳州))

3 你的赞助金由本会总部进行拨付,拨付后告知您援助对象的情况看。

 援助资金的80%以上的资金会交付至孩子手中,
余款作为通信联络费(邮资、汇费等)来使用,
会出具通信联络费的收款凭证,进入财务处理环节。

4 每年,援助对象会给您一封汇报信。
    然后,本会每年一次公开赞助金使用状况。
    同时,也会在本协会的网页上对财务状况进行公示。
    年度结算为4月1日~3月31日,次年的4月份对前一年度的财务状况进行公示。

总 部
协会代表人 : 菅 未帆
日本爱媛县西条市円海寺38−9(邮编号码 799-1352)
传真  0898-64-7121
日文网页 http://cceas.net
mail    info@cceas.net

 本会银行帐号 
银行名:中国银行(BANK OF CHINA)
分行名:柳州支行
帐号:4563512600674608147

jieshao2

潜山县塔畈爱心志愿者协会とのコラボ

掲載日:2018.02.15

2016年9月から潜山县塔畈爱心志愿者协会(中国民間草の根NGO)と協力し
支援活動を展開しています。 
この潜山县塔畈の名産が“毛毛月”という緑茶。
この高級緑茶を現地から輸入し、当会の支援広報目玉商品及び支援地域紹介商品に!
と考えております。
来月4月頭 この緑茶の新茶つみの時期に現地(茶畑)を訪問し
現地を取材してまいります。

それに合わせ、潜山县塔畈爱心志愿者协会とのコラボについて
再投稿&再紹介させていただきます!

*   *   *   *   *   *   *

潜山县塔畈爱心志愿者协会(中国民間草の根NGO)と協力し
支援協力していくことに!

2016年9月1日

img_1802
今回 支援パートナーとなった潜山县塔畈爱心志愿者协会は、
元村の先生で、現在も村で生活している協会代表:汪孟友会長(パワフルなおじいちゃん)
が自分の脚で子ども達の各家庭、各学校を回り支援を続けている民間草の根支援協会。 
塔畈乡に事務所を構え、民間NGO団体ですが地元政府と協力し、
中国政府から活動許可も取得している団体。
汪会長に賛同するボランティアメンバーが各地におり、
村での対応、近隣市(安慶市)での対応
それぞれのサポートがスピーディーにきちんと確立され、
また、ネット利用してPRする力や募金を集める力など“広報に強いメンバー”に支えられ、
足元を固めつつ、急成長過程中の団体です。
支援現場に会長。会長の近くや近隣にたくさんのサポーターがいて、
サポーターそれぞれが持つ人力によって情報公開やPRが大変明確“活動上手な団体”と言えます。

14457407_10154534361394166_2010464296465439559_n
今回、「安慶市郊外の村に個人で支援活動をしている人がいるけど、視察に行ってみない?」
とのお声がけを得て視察に行ってきました。
支援活動代表は「お一人でコツコツ活動されているのかな~」と想像していたのですが、
会長をサポートするメンバーが200名も!


視察当日は安慶市から自分の四輪駆動車を出し、
往復5時間ほどの山道を走ってくださった太っ腹な社長さん。
(私も同乗せていただきました。公共交通で視察に行っていたならば、
日帰りでの視察は不可能だったでしょう。) 
視察に同行し、取材してくださったインターネット関連会社の方。
この日はボランティアで参加=プロカメラマンさんなどなど
10名近い市内在住の同会ボランティアさんと一緒に現地入りし、
現地でもたくさんの地元ボランティアメンバーと交流させていただき、
中国ボランティアパワーに圧倒された一日でした。


 年100元の会費収入は事務所借り上げ費や事務運営費に。
学生への支援金は寄付やネットを使っての募金で集める。
活動にかかるボランティアさんの食事や宿泊は全て自費で、割り勘を採用など
“新しい中国の愛心(支援活動)”を感じるメンバー、やり方、パワー、スピードに
あっぱれ!だった視察の旅でした。
 
中国の新たなボランティア旋風の皆さんと協力しつつ、
今後、当会もこれまで通り中国農村児童支援活動を小さく・コツコツ継続していきたい
と考えておりますので 塔畈乡への新規児童支援、よろしくお願いいたします。

四国NGO-JICAラウンドテーブルに参加

掲載日:2018.02.04

JICA四国の会議室にて25回目となる四国・NGO-JICAラウンドテーブルに参加。

何とこの四国ラウンドテーブルは25回目。年2回の開催ですから、13年の歴史。。。

今回は、10団体13名の参加。

「各団体の活動におけるSDGsの取り組み状況の把握と今後の連携」をテーマに

報告と協議を行いました。


協議では、グループに分かれ各団体のSDGsの取り組みを共有

各団体が感じる四国内でのSDGsの認知度なども確認し

会議終了後は、四国におけるSDGsの促進を願い、出席者みんなで“SDGs17のゴール”

をもって記念撮影。

ngojica

「SDGs勉強しないと。。。」を痛感した一日でした。(←私、ここから?)

NGO×企業等 四国フェアトレード商品開発研修

掲載日:2018.01.26

企業等とNGOの連携による四国独自のフェアトレード商品開発
全8回の研修を実施することに。

2018年2月3日(土)、4日(日)に第1回、第2回研修を行います。

4ft1

この研修に参加するメリットは、
まず、フェアトレードそのものへの理解が深まるということ
そして、フェアトレード商品開発の手法や仕組みを具体的に理解することができます。
研修への参加を通して自治体や企業等とNGOが出会い、
フェアトレード商品開発へ向けた多様な主体による「協働」へと展開しましょう!
四国に新たなフェアトレードネットワークが構築されることで、NGOの組織強化につながり、
同時にフェアトレードタウンを意識した地域の担い手育成につながる研修。
ぜひ、ご参加ください!

・受講対象者:四国NGOネットワーク(SNN)所属NGO・ユース組織のメンバー
       新規国際協力NGO
       国際協力活動や持続可能な社会づくりに関心を持つ高校生・大学生
       四国の企業・組合等、自治体職員等
       フェアトレードタウンづくりに興味関心のある方

・定   員:20名程度
       ※商品開発チームづくりに取り組める方、研修に3回以上参加可能な方を優先します。
       定員になり次第、締め切らせて頂きますので、予めご了承ください。

・参 加 費:無 料

・交通費補助:SNN加盟団体職員・関係者は団体ごとに2名まで交通費補助があります。
       ※参加申し込み時に事務局で確認し、補助が確定した方に直接事務手続きを
       ご連絡します。

・問合せ、申し込み先
 主催団体:(特活)えひめグローバルネットワーク
 Tel:089-993-6271
 E-mail:wakuwaku@egn.or.jp

 共催団体:四国NGOネットワーク(担当:菅)
 Tel:090-1328-1866
 E-mail:shikoku.ngo@gmail.com

<第1回 四国フェアトレード商品開発研修>
■日時:2月3日(土)10:00~16:00(第1部:10:00~12:00、第2部:12:00~16:00)
■場所:今治地域地場産業振興センター 2階大会議室他
■講師:長尾天平(株式会社マザーハウス マーチャンダイジングマネジャー)

■第1部(10:00~12:00)  
『途上国』の可能性を『モノづくり』を通して生活者に届けるマザーハウス。
2006年の創業以降、バングラデシュ、ネパール、インドネシア、スリランカで
出会った素材や職人(技術)とともにフェアトレード商品を開発。
この研修では、具体的な「モノづくり」の全体の流れや仕組み・プロセスを学ぶ。

■第2部(12:00~16:00)  
参加者の意見交換を実施。
フェアトレード商品開発に関する意識調査・ヒアリングを行う。
また、今治市のフェアトレードタウン化に向けて活動を行っている
愛媛県立今治西高等学校の生徒による発表を通して、
高校生の取り組みについて参加者と情報共有を行う。

<第2回 四国フェアトレード商品開発研修>
■日時:2月4日(日)10:00~12:30
■場所:アイパル香川会議室
■講師:青木泰江(NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン コマーシャル・マネージャー)

「フェアトレード」という言葉を聞いたことがある、そしてそれが「途上国と公正な貿易をすること」といった周知は進んでいるが、その仕組みや、どのように自分たちの生活にフェアトレードが関連しているかについての理解はまだ浅い。日本を含み、世界の課題である「サステナブル」(持続可能)な社会の実現にフェアトレードが大きく寄与するとして、現在、世界的に企業や国際機関・行政などからフェアトレードへの注目が集まっている。この研修では、フェアトレードの始まり、その仕組み、社会へのインパクト、そして国際フェアトレード認証が、さまざまなステークホルダーと共にどのように発展してきたかを学び、これからの生活やビジネスの発展のヒントにしていく。

※本研修は、JICA NGO等活動支援事業NGO等提案型プログラムの一環で実施します。

独峒镇大学生志愿联合会とのコラボ

掲載日:2018.01.21

2018年1月末 新たな出会いが。
発端は中国の古くからの友人のSNS。
「三江県の貧困小学校に
 給食厨房設備とトイレを支援したいから手伝って!」との連絡。
手伝うのはOK。しかし、私も協会としても
何年も三江県政府には連絡をとっていない。。。
久しぶりに三江県政府に連絡すると
「三江県の全ての学校に厨房もトイレもある。
 現在、必要なのは肉を食べる事!」との返答で、
給食厨房&トイレ建設計画はあっさり消えてなくなりました。

 

しかし、三江県政府に連絡するのに合わせ、
三江県出身の支援大学生にも連絡し、情報収集していました。
そこで出会ったのが【独峒镇大学生志愿联合会】。
联合会=連合会のメンバーで独峒镇具盘村具河屯出身の侗族男性
梁君が連絡係りに。
現在彼はは四川省广汉市中国民用航空飞行学院で学ぶ大学四年生で
1月は春節休暇で丁度、村に帰郷中。
春節前には少数民族伝統舞踊の練習が毎日あり
練習に参加しながら、当会のために連合会の会議を開き
当会とのコラボを準備してくれました。

 

独峒镇大学生志愿联合会は、2015年1月10日
独峒镇にて镇出身の大学生によって自発的に作られた会。
アドボカシー「参加、共助、献身、進歩、フィードバック」ボランティア精神の元
地域に貢献し、ボランティアをバトンしていく会。
夏休みと冬休みの長期休暇にチームを組んだ大学生が
各村でボランティア活動を展開。
夏休み支援活動、家庭訪問、冬休み文化芸能会、記録など
全て大学生が活動を展開。


「自分たちは高等教育に進む事ができた。
 だから自分たちはここの貧困地区の問題に深く関わる事もでき、
 問題解決の手助けもできる」との気持ちから会を結成
最善の努力をすると共に、少しでも故郷に貢献しよう。
これらの初心を忘れずに活動している会。

夏休み指導は3年の経験があり
里盘小学、龙塘小学、高亚小学へは2年連続で指導に行った経験が。
学校の状況を良く理解し、先生方との交流(人間関係)も良好。

独峒镇具盘村具河屯【具河小学】は、厨房は大変小さく、トイレもありません。
(あれ?三江県政府は「どの学校にもトイレありますって言ってましたけど!!!」
   ↑ 私の心の中 )
厨房内の設備は連合会のメンバーが2017年の夏休み指導時に借りて使用していたので熟知。
2口の大鍋用(薪)コンロ、棚(中国では“消毒柜”と呼ばれる乾燥機能がついた棚)、
冷蔵庫一台、冷凍庫一台、各学校に配られている炊飯器一台があるそう。

加えてその他 村の小学校の様子など詳しく情報共有しました。
たとえば、龙塘小学は高弄村と塘水村からの学生が通う学校。
校長先生は高弄村と塘水村出身ではないが、独峒镇八协村の方。
地元の人と言えるなどなど。。。


結果、この独峒镇大学生志愿联合会と機会があれば
厨房支援&トイレ建設計画をコラボ
また、小額図書支援をこの会とコラボして実施することになりました。

 

【独峒镇大学生志愿联合会】活動紹介

dudong1

dudong3

dudong4

 

 

独峒镇 具盘村 具河屯 【具河小学】

dudong5 dudong6 dudong8 dudong9

dudong10

高亚小学

dudong11

dudong12 dudong13

 

里盘小学

dudong14 dudong15

dudong16 dudong17 dudong18

 

龙塘小学dudong19

dudong20dudong21

 

パートナー募集児童 3名

掲載日:2017.09.15

2017年9月初頭現在 下記3名児童が学費支援パートナーを募集中です。

年1,000元からパートナーとなっていただけます。

パートナー登録心よりお待ちしております。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

氏名 性別:W yehua(女性) 2002年1月17日生まれ

学校名  :塔畈乡彭河村四山组 高校1年生

家庭状況 :3人家族。母を病気で亡くし、父には軽度の障害があり、虚弱体質。妹は3年生。
      家族は全てを政府及び地域からの援助によって生計を立てている。
      家も近年、政府が安全を考慮し建設してくれた住宅に住んでいる。 
      成績は中程度だがきちんと受け答えのできる
      しっかりと手紙を書いてくれそうな学生。<家族構成:父、妹>

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

氏名 性別:N liangshun (男性) 11歳

学校名  :塔畈乡周祠村李花屋组 塔畈中心小学(小中一貫校小5)

家庭状況 :小さな時に両親と離れ、祖父母と一緒に暮らしている。
      父は慢性的な持病をかかえながら出稼ぎに。長期的な雇用ではなく、
      短期アルバイト雇用で少ない稼ぎを余儀なくされている。
      一年出稼ぎに出ていても稼ぎは低く、負担は祖父母の肩にかかっている。
      祖父母は山の中にいくらかの土地があるだけで、毎日朝から日が暮れるまで
      働いているが年収は数千元で、社会の物価上昇についていけず
      学費や孫の生活費負担が大変厳しい状況。
      家庭の経済状況は大変厳しいが、成績優秀で、聡明、芯の強い男子学生である。
      学校からの評価も高い。  <家族構成:祖母 祖父>

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

氏名 性別:J yaping(女性)

学校名  :塔畈乡体元村芮湾组 体元小学5年生

家庭状況 :3人家族。一家は地元の農家で祖母は体が弱く病気がち。
      母はあまりの貧しい家庭環境から父と離婚。
      父は重度の心臓病と内臓疾患の病気を患っており、大きな手術を受けたばかり。
      (*2016年に面会に行った時もMRIに入院中であった)
      この家族も現在、政府及び地域からの援助によって生計を立てており、
      家も政府が建設してくれた住居で暮らしている。
      家庭環境は大変厳しい状態にあるが、小さい頃から聞き分けが良く、聡明。
      責任感が強く、礼儀正しい学生。先生・クラスメートからの信頼も厚い。  
      <家族構成:父 祖母>

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::